川口民商とは
民主商工会(=民商)とは、北海道から沖縄まで、全都道府県の約600の事務所があり、地域密着の対応を心がけた団体です。会員はさまざまな業種の事業主で、全国20万人に及びます。 記帳や税務調査、融資、開業、税金・国保・社会保険料の納付相談、各種経営交流や学習会などを行っています。

川口民主商工会(川口民商)は、川口の自営業・小企業・フリーランスなど、小規模な事業者が助け合い、励まし合って、営業と暮らしを守る団体です。
営業と暮らしのご相談は、お気軽に川口民商へお寄せください。

また、会員が助け合う共済会、婦人部、青年部も運営し、家族の働きにより人間味豊かに地域社会を支える小企業・家族経営の社会的・経済的地位の向上をめざし、“商売を続けることが社会貢献”と、経営環境の改善や地域おこしの取り組みを広げています。

県連合会や全国連合会を通じて国・自治体にも要望をあげ、小企業・家族経営の営業と暮らしをめぐる問題解決を図っています。

川口民商は、小規模な事業を営む事業主の方を対象に、業種にかかわりなくご入会いただけます。
共済会
「1人はみんなのために、みんなは1人のために」加入者どうしで会費を出し合い運営する自前の共済です。民商会員とその配偶者は年齢・健康問わず加入できます。
婦人部
集まれば元気!集まってお互いの胸の内を語り合うことが婦人部の原点。手作り教室や旅行などで気分転換。営業の発展を業者婦人の人権を守るために力を合わせます。
青年部
若手経営者や業者二世の異業種が集う青年部。夢や希望の実現に向け、語り合える仲間と学習や交流をすすめ、切磋琢磨して経営向上をめざします。
民商運動3つの理念
  • わたしたちは会員の利益と幸福だけでなく、日本の中小業者全体、大きくは国民全体の幸福のために運動をおこなっています。民商の要求と活動が道理にあったものであったからこそ、さまざまな攻撃のなかでも前進しつづけています。
  • わたしたちは団結こそ何ものにもまさる宝だと考えています。中小業者の要求を実現していくために力をあわせること、これこそ民商運動のモットーです。
  • わたしたち中小業者の要求は、多くの国民の支持をえて、ともにたたかうなかでこそ実現の道が大きく切り開かれます。
Copyright 2008-2020 KawaguchiMinshushoukoukai All Rights Reserved.
Top
MENU